活動日誌

ライブ嵐山閉店で困っている住民の声に応えて、対策を!~市会経済総務委員会で山田こうじ委員が住民の声を届ける質問~

 西京区の嵐山東学区にあったスーパー「ライブ嵐山」の閉店に伴う買い物対策について、7月19日の市会経済総務委員会で山田こうじ委員(右京区区選出)が産業観光局に対して質問をしました。

 以下は河合ようこが委員会中継を聞き、まとめたものです。(詳しくご覧になりたい方は、京都市会のホームページ 委員会中継の経済総務委員会・7月19日をご覧ください。)

☆山田こうじ委員)ライブ嵐山閉店について5月27日の委員会の質問の時、共同購入や店舗の誘致、補助金など含めて対策をとると答弁があったが、その後の取組の状況は。

→安河内商工部長)ライブ嵐山は6月末閉店。多少のご不便にはなるが、周辺にはかなりスーパー等もあり、市バスも通っている。今、直ちにお買い物に困るという状況ではないけれども、最近では民間で移動販売、ネットスーパー、買い物代行サービスなど多様なサービスが出てきている。また、お年寄り向けには電話やファックスで注文できるサービスも出てきているし、店舗への送迎サービスも出てきているので、そういう情報については、西京区役所に5月中には提供している。いつでもお問い合わせがあれば提供できる状態になっている。

☆山田)具体的にそういう情報を提供されて、そういう要望があったら対応してもらっているということか。

→安河内)いろんなサービスのメニューを区役所に提供しているので、お困りの方があれば、区役所に問い合わせていただければ、いつでも提供できる状況になっている。今のところは自治会や社会福祉協議会等からそうしたご相談はないと聞いている。

山田)地元では、「本当に困る」ということで短期間に549筆の署名が集められて区長にもされ、「これは重いものだ」と区長自身は答弁されている。局として、この署名に対する受け止めはどうか。

→安河内)ご不便になられる方は確かにおられると思うが、周辺にはスーパーもたくさんあり、例えば、コンビニは500m以内に1件、1kmで4件、スーパーは、ちょっと遠くなるが、1.4~2.4 kmの間に5件ある。また、市バスも通っているので、いま直ちにお買い物できなくなってしまう状況ではないと思っている

 いま申した様々なサービスがあるので、また宅配事業の参入も考えておられるところもあるので、そうしたところに私共から様々な補助制度をご紹介するなどして、よりよいお買い物環境が維持できるように、これからも努めてまいりたい。

☆山田)今かなり気温も上がって暑い夏、お年寄りにとっては、2.4 km(きつい)。近隣には(店が)あるというが、実際、松尾から嵐山駅の間には1件もスーパーがない。ライブ嵐山は6店舗が個人商店で、対面で、生鮮食料品もそろう環境にあった。これが大きく損なわれているのは深刻な事態だ。住み続けられる地域を守っていくために、新たな店舗の誘致も含め、さらなる対策を進めてほしい。出された署名は重い。そこをしっかり受け止めていただいて万全の対策を求める。

・・・・

商業振興課長を通じて 住民の声も549筆の署名が提出されたことも伝わっているはずなのに、なんとも他人事のような部長の答弁。しかも、署名に対する受け止めの返答無し。549筆の声は地元住民からの困っている声だと受け止められないのか・・・とりわけ高齢者の立場に立って考えていない冷たさに、怒りがわきます。

(更新日: 2016年07月25日)

嵐山東学区で『買い物難民をつくらないで』~住民の署名549筆を提出~

 40年間、地域住民の暮らしといのちを支えてきた学区内唯一スーパーマーケット「ライブ嵐山」6月末で閉店しました。ライブ嵐山の閉店の知らせを聞いて惜しむ声、「これから買い物をどうしたらいいか」という心配の声がたくさんあがりました。日本共産党の嵐山東地域の支部は、ライブ嵐山のお店の前で利用者の声を聞き、「署名はしないの?」「署名やったら協力するよ」という声や困っておられる声に応えて地域住民の実態をつかみ、、『買い物難民を出さないように、京都市として対策を求める』という主旨の署名に取り組まれました。私も成宮まり子府会議員も、また経済総務委員の山田こうじ市会議員(右京区)も一緒に店頭で 利用者の声を聞いてきました。
 署名は約1ヶ月で学区の有権者の約1割 549人から集まりました。
 7月5日、日本共産党嵐山東支部は地域の方もいっしょに、西京区役所に行き、京都市長あての署名549筆を西京区長に提出しました。区長は「署名を重く受け止める」といって署名を受けとってくれました。その場には、西京区まちづくり推進課長、京都市産業観光局商業振興課長が同席もされ、日本共産党からは成宮まり子府会議員と私も参加しました。
引き続き、住民の声をきき、市会の中でも担当部局に対策を求めていきます。

(更新日: 2016年07月11日)

阪急上桂駅、松尾大社駅 バリアフリー化工事が始まっています

 地元のみなさんの強い要望である阪急電車の駅のバリアフリー化工事が、上桂駅と松尾大社駅で1月末から始まっています。「工事がはじまったね」「いつできるの」と話題になっています。今年度3月末には工事完了の予定です。思えば、住民アンケートに「駅の階段がつらい・・・改善してほしい」と高齢者や障害のある方、ベビーカーご利用の方からのたくさんの要望があり、桂川や松尾学区方や妹尾直樹前議員らと阪急電鉄本社や京都市に要望したのが2008年でした。地域の住民の方からの行政への強い要請もあった中、待ちに待った工事の開始です。完成が待ち遠しい・・・(写真は、4月11日 桂川後援会の方や成宮まり子府会議員と 上桂駅にて)

(更新日: 2016年04月11日)

側溝の安全柵が設置されました!

 市会議員選挙の最終日、「ご本人ですか?・・・お願いしたいことがあります」と話しかけてくださった方からいただいた要望は、「ここの溝が危なくて心配なんです。なんとか対策を」ということでした。
 現場をよく見ると、コンクリートの縁が欠けていました。水路は農業用水かと思っていましたが、西京土木事務所にきくと、京都市道路の一部ということで、対策を検討されました。 駐車場や貸農園をされている用地に隣接している水路です。
まずは、角のコンクリートが部分の欠けた部分の補修と安全策の設置をしていただきました。

(更新日: 2015年06月01日)

桂消防分団大健闘!~京都市消防団総合査閲~

 5月31日 空模様が心配でしたが、日が照りつける中、京都市消防団総合査閲が、京都市消防総合活動センターで開催されました。11行政区の代表が日ごろの訓練の成果を披露されました。
西京区の代表は桂分団です。女性隊員2名を含む13人がキビキビとした動きで整列、行進をされ、ポンプ操法(今年から放水も実施)も見事でした。桂学区から自治会の方たちはじめ行政の担当者や府市会議員など60人を超える応援団が、歓声、拍手を送りました。
 結果は、第3位!  桂分団の団員のみなさん、ご家族のみなさんお疲れ様でした。

    

(更新日: 2015年05月31日)

Page 1 of 912345...Last »